FC2ブログ
 

プロフィール

ひの

Author:ひの
2012年8月1日4時55分、ヒノマルは、虹の橋に旅立ちました

カテゴリ

最新記事

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

大好きガラkame リンク♪

だぁ~~~い好き絵師さま
大好き字書き様(イラストも素敵!コマ漫画必読☆)
綺麗可愛い素敵絵師さま

お友達 リンク♪

仲良しお友達・jira's kitchen
兄弟みたいに仲良しお付き合い家族・おやばか日記アメリカ編
私を肥満道から救ってくれた救世主パーソナルトレーナー♪

龍秋会・裏方編

龍秋会も終盤を迎える頃の裏方では・・・。

2679.jpg
父が、およそ1年かかりでコツコツと用意した道具達の殆どは
この日だけのお役目を終えてしまいます

2658.jpg
お役目終えたものから解体です

2676.jpg
この日の為だけに、これらの準備を一人でした父
その荷出し、組立て、解体、廃棄までお手伝いしてくれた友人達
本当にご苦労さまでした

裏方さんが大小道具の解体に追われる頃、受付では・・・。

105.jpg

P1110355.jpg

P1110348.jpg

P1110354.jpg
会主宛に頂いたお花を、数本ずつ小分けにし
最後まで見て頂いた方のお帰り時にお配りする準備をしています

すべてのお客様をお見送りした後・・・、

ありがとネッ

受付嬢皆とベリ~ダンス嬢で、会主を挟み記念撮影

母の民踊舞踊祭りには毎回サブタイトルが付きます。
大震災から復興1年目でもあった、第五回目のサブタイトルは・・・
『心ひとつ 絆つなぎし 龍の舞い』 でしたが・・・、

演者さん、裏方の友人知人、それぞれの家族、
足を運んで下さったお客様一つ一つのお力があってこその大成功
『心ひとつ 絆つなぎし 龍達の家族』 のお陰です。
本当に有り難うございました 

そして・・・、
これだけの会を五回も開催するに至った、
会主である母を尊敬し、
それを陰からささえる父、
私の家族を心から誇りに思います。

また、これからも元気で、綺麗な皆の龍秋先生を勤められますように
心から応援していますヨッ

P1110741.jpg

感謝の言葉が有り難う以外に見つけられない自分が歯痒いですが
皆様方、有り難うございました

4年ぶりのイキナリの号令にも関わらず
和歌山から泊りがけで2日間参加してくれたY田ご夫婦
京都から参上してくれたN村ご夫婦と娘のCホちゃん
体調万全じゃないのに家族で来てくれた上、
自分の代わりと息子MキがヘルプしてくれたKちゅん
超多忙の合間にカメラマンを務めてくれたT花さん
この2日間のヘルプの為に休みを取らず本業を
調整してくれたN島君
どんなワガママも聞いてくれるK代ちゃん
単身赴任で地方へ赴いてるのに、わざわざ帰省して
2日間ヘルプしてくれたT也

ほんとにありがとね~~~
皆愛してるよぉ~~




スポンサーサイト



龍秋会・終盤(ファイナル)

いよいよ大詰め、ベテランさん達によるファイナルへと向かいます

2140.jpg
ご自分の出番をイメトレされる後姿が綺麗です

この後、ファイナルステージの為一旦幕が降ろされました。

1441.jpg
第1回目から司会を引き受けて下さる龍秋会に無くてはならない存在

その幕裏では・・・、
2184.jpg

2186.jpg

2366.jpg

2197.jpg

2261.jpg

2298.jpg
今回、名取襲名された 龍登秋 による、天野屋利兵衛

2322.jpg
同じく名取襲名された 龍秋和 による、大江戸祭りばやし

2430.jpg
名取襲名された最後を飾るは 龍秋慶 による、おつう「鶴女房」

そしていよいよオオトリを飾るは・・・、

2457.jpg
坂田三吉を会主演じる、王将一代 小春しぐれ

2498.jpg

2508.jpg
芸の為なら女房も泣かす三吉でしたが・・・、
三吉改心の為衣装替えに舞台を降ります

その間、小春が一人尽くしております
2512.jpg

2514.jpg
改心し、出世した三吉が手土産携え客席から再登場
これも初試み !!!

2534.jpg
三吉渾身の一手で不敗神話を叩き出します
王手の駒が光る  細やかなセットで愛を表現する会主の夫=父

2551.jpg
名・実・公・私ともに円満に向かえ

2555.jpg
龍秋会オオトリの55番目の演目が終了致しました

2559.jpg
その後、会主の合図で舞台袖に控えし一部出演者と共に
最後の最後まで舞台をご覧頂いたお客様へ
お土産を舞台からまかせて頂きました

2577.jpg

お客様にも舞台へお上り頂き、恒例河内音頭で本当のフィナーレです

2606.jpg

10時半からスタートし、4時半終了の予定でしたが
この日実際に終了したのは6時過ぎ

雨も降ったり止んだりのぐずついたお天気の中にも関わらず
今までで一番多くのお客様に最後まで見て頂け
本当に感謝の気持ちで一杯です。

ご来場頂いたお客様。 本当に有り難うございました



また、出演者の皆々様々。
感動の舞台を本当に有り難うございました 




フィナーレを迎える最中の受付と裏方へ
あとちょっと続く・・・。



龍秋会・終盤(前)

まずわ、Mさま…。 と~っても嬉しいコメをどぉ~もありがとネッ

また、日本でこの日お会い出来た皆様ぁ~。
もし、このブログにお立ち寄り頂いた際には
是非是非、一言コメントお待ちしてま~すッ


観客さまそれぞれも、ランチを終え、お腹も少しふくれ・・・、
民舞踊の本衣装やセットの凄さに目も慣れ・・・
そろそろ眠ぅ~くなっていらっしゃるであろぉ~ところに・・・


1445.jpg
尺八による、また君に恋してる

続く・・・

1453.jpg
ベリ~ダンスにす~っかり目を覚まして頂けたと思いマス

1509.jpg
龍秋会初の異種舞踊のご参加 私もドキドキして魅入りました

1561.jpg

1645.jpg

1733.jpg

1768.jpg
ソロでベリ~ダンスを披露したくれた彼女のお母様で親子出演

1856.jpg
なんて可愛い越後獅子

1930.jpg
恵親会会主様の賛助出演

1975.jpg

2040.jpg

信長様がカッコいいのでもう一枚

2094.jpg

2155.jpg
山村流紫貴の会会主様の友情出演


異種舞踊・演奏、歌、他支部による賛助出演に友情出演
ブログにアップしきれないていない数々ご出演者様

ほんとうに華やかに素晴らしい出演の数々
有り難うございました


舞台はいよいよファイナルへと続きます・・・。


龍秋会・中盤

東日本大震災1年目を悼み・・・、
822.jpg

会主が福島県民謡の新相馬節を舞台演奏で披露します。

T-804 (614)

会主がお召しのこの着物・・・、
なななんとッ この私目の振袖をお直しして着てくれました

788.jpg

866.jpg
写真右から二人目で三味線を披露して下さったこの方は
会主のお弟子さんで、普段は舞踊もされる現役御年95歳

T-804 (712)

1135.jpg

1067.jpg

876.jpg
舞台袖でスタンバイ

T-804 (496)
会主がお弟子さんを和ませます

1059.jpg

1217.jpg

1248.jpg

1256.jpg
賛助出演の皆様方

1434.jpg
この後起こったアクシデントに負けず、最後まで
素晴らしい舞踊を見せて下さったプロ根性に脱帽でした

302.jpg
高校生たちは一足先に帰り仕度
ご苦労様でした。
金光藤蔭高校和太鼓部のみんなぁ~出演快諾ありがとネッ


いよいよ演目は残り1/3となりました・・・。

も~ちょっと続く・・・。







龍秋会・開演

第5回 民踊・舞踊祭り 龍秋会開場です

開演30分前からオープンと同時にこんなにいらして下さいました
107.jpg

111.jpg

第五回目にして初の太鼓パフォーマーによるオープニング
139.jpg

金光藤蔭高等学校和太鼓部に萌へ~ッ
153.jpg

この度の会主である母・坂東流葵舞踊・龍秋の挨拶より
166.jpg

T-804 (139)

会主の祝舞・"雅の舞い" を皮切りに全55曲披露されます

188.jpg

龍秋会会主より、新名取襲名披露
247.jpg
龍登秋・龍秋和・龍秋慶 と襲名也

359.jpg

401.jpg

463.jpg

520.jpg

559.jpg

600.jpg

652.jpg

712.jpg

743.jpg

976.jpg

すべての演目をアップしてる訳じゃぁ~ありませんが・・・
この辺りでおよそ1/3

ちなみに・・・、舞台の大道具・小道具、そして
雪降らしマシ~ンに至るまで、全て父一人による手作りです

前日、当日と、全ての道具を搬入してくれたのも友人・知人ですが、
これらを組み立ててくれたのも、お友達である
本職の大工さん、工務店さんでした。

↓大道具セット組み立て中
DSC03617.jpg

↓組み立て後・・・こぉ~なりました
879.jpg

裏方さん・・・ほんとにご苦労さまでした。
有り難うございました

お父さん・・・老体にムチ打ってコツコツコツコツと
1年がかりで前日まで仕込み、本当にご苦労さまでした


舞踊はまだまだ続く・・・。





  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE