FC2ブログ
 

プロフィール

ひの

Author:ひの
2012年8月1日4時55分、ヒノマルは、虹の橋に旅立ちました

カテゴリ

最新記事

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

大好きガラkame リンク♪

だぁ~~~い好き絵師さま
大好き字書き様(イラストも素敵!コマ漫画必読☆)
綺麗可愛い素敵絵師さま

お友達 リンク♪

仲良しお友達・jira's kitchen
兄弟みたいに仲良しお付き合い家族・おやばか日記アメリカ編
私を肥満道から救ってくれた救世主パーソナルトレーナー♪

9泊11日

降って沸いた・・・いきなり欧州ドライブの旅☆

KZYチャンから訪米の伺いもらって、それがまさかの欧州旅行☆

電話で話してルうちに乗り乗りテンション上げ上げ♪で、ソノ日のうちに渡航チケット探して、渡欧までジャスト1ヶ月で、よくもまぁ~これだけの旅が出来たよねぇ~~ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

走りに走った・・・
2010年3月16日(火)走りに走った2135KM (1)
・・・で、およそ本州縦断距離ですが・・・何か?

2010年3月16日(火)走りに走った2135KM (3)
ダ~リンの一人ドライブ☆  本当にご苦労様でした m(_ _)m (^^人)(人^^)  いやぁ~・・・、私も国際免許は取得して、レンタカードライバー登録もしたんだけどねぇ~・・・。 なんせ雪道でしょぉ~、ソノ上、下り坂道が多くて、エンブレ運転の標識なんかが立っちゃってて・・・エンブレって・・・ねぇ~・・・ですが何か?

ほんと、道道には色んなアクシデントがあったけど、無事レンタカーリターンまで乗りこなせて良かった良かった♪

バルセロナでピックアップした車両を、フィレンツェ空港でドロップして、そのまま、空港チェックイン☆

2010年3月17日(水)ミラノ・ペレトラ空港にて (17)
フィレンツェ・ペレトラ空港ってデカイ飛行場やと思ってたから、外から見たら、どぉ~みてもローカルの飛行場にしか見えないんで、前日に下見しに来たほどのチッチャイ飛行場でした・・・がッ!


KZYチャンはエアーフランスで、CDG~AMS経由してKIXへ・・・。

私ラはスイスインターナショナルで、ZRH経由でLAXへ・・・。

涙腺のゆるくなったKZYチャンの涙に見送られて、先に飛行機へと向かう 。・°°・(>_<)・°°・。

ほんとにココでお別れ・・・今度いつ・何処で会えるのかなぁ~!?  (v_v。)


で・・・バイバイしてから、バスで5分ほどの滑走路の真ん中で・・・、
2010年3月17日(水)スイスエアーライン乗り場 (1)
こんなチッチャイ飛行機でスイスまで2時間・・・大丈夫か?

やっぱり・・・、飛行機に乗ってから40分離陸待ちなのですぅ~~卍ッ。

2010年3月17日(水)スイス上空 (1)
まっ・・・そんな心配もヨソに無事・・・スイス上空ですが・・・真っ白かッ!!


フライト到着待ちに始まって・・・車中除雪待ち・列車電気系トラブルで再開待ちそして・・・搭乗後離陸待ちに終わる・・・。

道には迷いに迷って円(サークル)に度々助けられ、エンジェルのオッサン疑惑に、マリアさまの高飛車お姫様疑惑に、女神様ドS疑惑ッ、そしてまさかの大聖堂の神様留守疑惑ッ。

現世のデジャヴを度々感じたり・・・、とにかくネガティブが知れてオモロかったわぁ~ o(▽`*)o

今回の旅がトントンと決まったことや、旅中は本当に自然に過ごせたことや、写真の中の皆の顔を見ると・・・、やっぱり、KZYチャン親子と、私たち夫婦は欧州で遠い昔に家族だった事が在るんだと実感したヨッ。

S吾は9月にオーストリアに留学でまた行くし・・・、

KZYチャンもミラノにはまた行くような気がするって言ってるし・・・、

前世を感じる、知る事の意味には・・・、こうして、思いもかけない土地や国に呼ばれて、ソコへ行けるチャンスを自ら作れるって事もあるのかも知れないネッ。

KZYチャン・S吾・・・ (^^人)

ほんとに、今回の旅のチャンスを与えてくれてありがとねッ (人^^) m(_ _)m


人との結びつきやご縁はまだまだまだまあ深ぁ~いハズだから、それさえ思い出せば、また色んな他の人とも、一緒にどこかへ旅出来るネッ o(^^o)(o^^)o

楽しみッ・・・楽しみッ・・・ (^^人)(人^^)




スポンサーサイト



最後の目的地

いよいよこの旅終点の、ピサからフィレンツェへとやって来た♪

最後2泊は、BEST WESTERN HOTEL SELECT って言う、米系チェーンホテル☆

こちらでも、お客さんがみえた時良く使うホテルチェーンだけど…、この旅の中で一番安く(マルセイユは省く!)部屋もバスルームも広く、豪華だったんで、さすが米系とうなずいたワッ v(^皿^)

翌早朝からバスで、ウッフィッツィ美術館とサンタマリアデルフィオーレ大聖堂を目指す♪

2010年3月16日(火)ウフィッツィ美術館前 (10)
どっどぉ~~ん卍ッ シニョリーア広場のいきなり重い彫刻でお出迎えされましたが・・・何か?

2010年3月16日(火)ウフィッツィ美術館前 (1)
とても有名な彫刻があるんだけど、何が本物かわかりましぇんが・・・何か?

開館と同時に合わせて行ったつもりなのに、すでに美術館前は長蛇の列卍ッ。  入場をいちいち制限して、25~50名ずつしかチケットを買わせないシステムなので、入館出来るまで1時間半ほど寒い石畳の上で待つ!

お陰で、あまりに有名過ぎる「ヴィーナスの誕生」や、「春」「受胎告知」や「聖家族」は、じ~~っくり観れたんだけど、やっぱりこの度の私の鑑賞では・・・、受胎告知のマリアさまや、ヴィーナスの顔が愛に満ちた顔とは思えず、女神たちの微笑んでるんだけど、目は笑ってない表情や、♂♂愛の彫刻が気になったのは・・・やっぱり二次の影響あるカモッ (ーー;)

でも、ミケランジェロの「聖家族」は素晴らしいかったなぁ~・・・、私は、ここでも、ソノ絵よりも、その額縁の彫刻の方に感動したんだケドねっ d(-"-)

ミケランジェロは画家と呼ばれる事に苦痛を感じてて、彫刻家でありたいと言う一心がこの額縁の彫刻に出てるんだって(=日本語ガイドさんの真横に張り付きダンボ耳で盗み聞き!)

mich01.jpg
館内は NO PHOTO なんで、よそ様のサイトから抜粋させて頂きましたが・・・何か?

絵よりも、額縁ヨッ額縁を見てッ!

ここの美術館では、歴史上のそうそうたる画家・彫刻家さんの作品を見て廻れ、エナジ~チャージ出来た感が味わえ、かなりぃ~満足 (^人^)、その屋上で記念撮影・・・。

2010年3月16日(火)ウフィッツィ美術館前 (9)
後ろに見えるワッ・・・ヴェッキオ宮殿でございます・・・が。

2010年3月16日(火)ヴォッキオ橋 (1)
美術館内で唯一写真撮影が黙認されてる窓から、ヴェッキオ橋が撮れたので、行くことはやめた・・・だって、この橋の上は金細工店だらけらしく・・・行くと財布のヒモが危ないんですが♪

この後、アカデミア美術館で、麗しのマッチョで有名な「ダヴィデ像」オリジナルを見に・・・♪

michelangelo_david01.jpg
ここも撮影NGなんでヨソ様のサイトから拝借。 ダヴィデは有名なんで皆知ってるとは思うけど、思いのほかデカイッ☆  全長4.3m!!  手の甲に血管が浮き出てる様子は、それが脈打ってるようにすら見えて怖いほどでした・・・がッ!

その後、大聖堂に戻ったんですが・・・。

2010年3月16日(火)サンタマリアデルフィオーレ大聖堂前 (2)
綺麗だ・・・確かに綺麗なんだけど・・・何かが違うんですが・・・何か?

2010年3月16日(火)サンタマリアデルフィオーレ大聖堂前 (4)
このフレスコ画も素晴らしいんです・・・素晴らしいんだけど・・・やっぱピンとこないんですが!

なんてゆぅ~のかなぁ~・・・。 この大聖堂の中が、なんだか、カラッポ☆・・・って気がして、ち~~っとも有り難い気持ちになんなかったのよぉ~ ( ̄ε ̄@)

2010年3月16日(火)サンタマリアデルフィオーレ大聖堂前 (1)
・・・で、妙なハイテンションなんですが・・・何か?

大聖堂前の通りで、後で知った実はかなり有名ジェラ~ド店で・・・
2010年3月16日(火)サンタマリアデルフィオーレ大聖堂前のジェラード (4)
スゥイ~~ツ大王のダ~リンの満面の笑みもピ~マンで隠してますが・・・何か?

軽くコレ1ツで4人前はあるかと思われる、芸術のように積まれた2色ジェラ~ド! 15.5ユーロ也卍ッ!!

・・・なんで、予算的にもこれがこの日のお昼ご飯ッ!?!

今回の旅で、バルセロナのサグラダ・ベニスのサンマルコ寺院・ミラノのドゥオモ・ピサの斜塔・フィレンツェのドゥオモを見て・触って、感じることが出来た。

それぞれの建物はそれはそれは素晴らしく、想像を絶する歴史と、想像を絶する人の思いが刻まれてると思うけど、その中で、男性的で且つ繊細で、全てを包み込んでくれる優しさをも持った、ミラノのドゥオモがやっぱり忘れられない。


早朝から寒い石畳の上で並ばされ、↑のドでかジェラ~ド1ツ食べ切り・・・お腹と体調がややダウンのダ~リンまさかのディナー拒否卍ッ。

この日でこの旅 ☆最後の晩餐☆ と言うのにぃ~~ 。・°°・(>_<)・°°・。エーン

・・・が・・・、私の一喝! で、ダ~リン復活 p(-"-)q

細かいことは言いましぇん(=私の家族・お友達ならその事情は飲み込んで頂けルはずですから・・・σ(^◇^;) )

この旅最初で最後のちゃんとしたレストランでのお食事♪ ダ~リン一緒に最後の晩餐行けて良かったねぇ~・・・ありがとねぇ~~ (^^人)(人^^)  リゾット美味しかったよねぇ~~ ヴォ~ノ・ヴォ~ノ (^人^)

私メもギリッニコニコで平和に、旅の幕がいよいよ閉じようとしてるのでした (-人-)





ピサの斜塔

4日間のミラノ滞在から、ピサ~フィレンツェへといよいよこの旅最後の章に入った!

早朝から、今度はおよそ320kmかけて、ジェノバ経由でピサへ向かう♪

ピサへも、ピサと言う街の検索しかかけずに来てしまったケド・・・この旅初めてじゃなぁ~い?

こんなにスム~ズに辿りついたのワッ o(^^o)(o^^)o

2010年3月15日(月)ピサの斜塔 (23)
遠くから斜塔が見えたときはちょっと鳥肌が立った! が・・・、側に立つとあまり傾いてないんで、皆で傾いてみましたが・・・何か?

2010年3月15日(月)ピサの斜塔 (13)
こっち側からだと傾いてます・・・か?

2010年3月15日(月)ピサの斜塔 (1)
ここからだと、メ~~ッチャ傾いてます・・・が!

さすがに傾いてル塔に登る勇気を誰も持ち合わせてなく・・・orz

S吾が受験勉強のときに、ここの様式を勉強してたってんで、ロマネスクの傑作だとかなんとか色々と説明してくれてたのを「へぇへぇ」上の空で聞いてた・・・!

と、言うのも、ここの空間は歴史感はあるものの、重さが感じられなかった。 爽やかで軽いッ軽いのよっ!

エネルギ~補充 p(-"-)q する・・・って感じじゃなかったケド、体のリセットは出来たスルリッとした感じ☆

それに、サグラダのように、被写体はとても素晴らしいので、何処をどぉ~撮っても綺麗に写るのはさすがのピサの斜塔でした♪


その後、バリ島でも、何処の国へ行っても、カルフールの看板見ると絶対覗きたくなる(変な安心感)・・・、

2010年3月15日(月)カルフール・ピサ店 (1)
カルフール・ピサ店・・・ここでも、やっぱりカゴはコロコロ引っ張りますが・・・何か?

2010年3月15日(月)カルフール・ピサ店 (3)
アメリカでもハムの切り計り売りは珍しくないけど、こんなケ(まだこの倍はあった♪)の生ハムの切り計り売りしてるのは珍しかったんです・・・が。

京都八坂さん近辺みたいに、おみやげ物屋さんがギュウギュウ軒を連ね、修学旅行風の学生軍団や、その他団体の観光客数・・・今まで見た中で一番、日本的観光地化された場所だったケド、それがココではエエ味だしてた面白い場所だったナッ d(^o-)

体、リセット出来た爽やかなピサの空気にありがとぉ~ (^0^)/ の、感謝を告げて・・・、あとはここからおよそ100km先のラストステージ "フィレンツェ" へ向けて出発ッ P(^-^)q

ダ~リンもうちょっと頑張ってねぇ~~ (^^人)(人^^)


ACミラン

ひとしきりミラノ大聖堂で感動し、ギャレリアを往復し(そこは有名ブランド街だったケド、ブランド卒業してて良かったぁ~とKZYチャンとしみじみ!)、次なるはS吾のメインイベント、夢のACミランでのホームゲームを観戦する為、地下鉄を乗り継ぐ♪

2010年3月14日(日)地下鉄に乗ってACミランの試合へ (9)
とりあえず地図で確認してますが・・・何か?

ホームグランドの場所もままならず、とにかく道行く人にタズネテタズネテ、信じられない距離を歩いて、歩いて、歩くこと1時間余り卍ッ!

足が棒になる寸前・・・
2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (3)
ようやく見えたジュゼッペ・メアッツァ・スタジアム・・・!

問題はココから・・・♪ 今日のチケットが買えるのか・・・♪
2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (41)
無法過ぎる卍ッ! 最初は窓口が2ツしか開いておらず、そこに延々2時間は並び・・・が、その並び方はメッチャクチャ卍ッ! 横入りアリアリの何重列やねん卍ッ! その上、いざ発売時間になると、なななんと結果全ての窓口がオープンし、2時間前から並んでる私ラは一体・・・何なんですか卍ッ!

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (2)
それでも、とにかくお目当てのチケットが買え、財布がカラッポ☆になるも、S吾は満面の笑み・・・ですが(=ピ~マンでゴメン!)

バンクで前売り買う時にも言われたけど、なんと、ココでも1枚のチケットを買うのに、1人の身分証明書が居る(外国人はパスポート) しかも、チケット1枚ずつソノ人の名前が入り、入り口でチェックされる!

広い・・・広いが・・・エスカレーターもエレベーターも無し。 で、ようやく席を探し当て、熱狂的ファンを避け、安心な席を確保。

でないと・・・
2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (29)
厳重なセキュリティチェックで、ライター等の没収もしてたのに、ゲームが開始した途端この有様でしたが・・・何か!

サッカーのルールはほとんど知らないんで、何処が応援しどこか、どのプレーが凄いのか、ポカ~~ンとする中、ゲームが始まる!

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (32)
まずわ、ウォーミングアップ・・・から!

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (42)
ここには写ってないケド、日本でも同じらしく、ガキンコと一緒に入場です・・・が。

LAギャラクシ~に移籍後初のベッカム選手の試合を見に行った時、ベッカム・・・ってほんまに上手いん? ってシロウト目にも思うプレイだったけど、この日は・・・♪

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (5)
走る・・・。

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (4)
守る・・・。

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (6)
この前には鼻血を出し、この時にはゲームが中断されることなく、まるで簡単な負傷かのように、コート外まで自らケンケンッして出て行ったベッカムのプロ根性! が、アキレス断絶ッ・・・でしたが何か?

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (1)
S吾の解説曰く、最初gdgdゲームだったのが、ロスタイムでまさかの1点先取による勝利! 野球は2アウトからだけど、サッカーはロスタイム・・・からッ♪

2010年3月14日(日)夢のACミランホームの試合 (7)
フ~リガンの暴走・ベッカム+ロナウジーニョの活躍・ハラハラの試合・ベッカムの鼻血にはじまりアキレス断絶・ロスタイムによる先取勝利・・・より、あなたがた親子の発狂を観てる方がオモロかったですが・・・何か?

ルールが分からない私たちも、勝利は嬉しい♪♪♪

そこで・・・、
2010年3月14日(土)ドゥオモ前広場 (13)
地下鉄乗り換えの帰り道に、またもや深夜ギャレリアへ立ち寄り・・・、

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (27)
またもや深夜のドゥオモに魅せられたのデスッ!

サッカーのルールも良く知らないのに、こんな有名スタジアムで、驚きのシーンを生で観る事が出来て、S吾のここに来るまでの情熱に感謝してますッ。 誘ってくれてありがとネッ (^^人)


ミラノのドゥオモ

とにかく感動した♪

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (41)
サグラダの威圧するデカサとはまた違って・・・その包み込まれる様な暖かいデカサに感動した。

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (6)
色が変色するほど撫でられたジーザスの足・・・もちろん私も触ったケド・・・その感触に触れて感動した。

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (32)
ジーザスや、マリア様、天使に関して今回の旅ではちょっとネガティブな思いがあったんだけど、昨日のベニスの大聖堂の像や、これをみて・・・その美しさにやっぱりコレは現実に在るんだと感動した。

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (19)
中に入った瞬間から心地イイ・・・その空気に感動した。

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (12)
何の宗派も無いケドとにかく手を合わせずにはいられない・・・その優しい気持ちになった自分に感動した。

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (24)
日曜ミサをやっていて・・・その聖歌隊の歌声に感動した。

2010年3月14日(土)ミラノドゥオモ (44)
ミラノドゥオモ☆ 何をしても、何を見ても、何を取っても・・・心穏やかになれた大聖堂でしたが・・・何か?

2010年3月14日(日)サンタマリアデッレグラッツエ教会(最後の晩餐の描かれる教会) (14)
最後の晩餐が壁画として描かれた事で超有名な教会で、アポを取らずに行ったので当然見ることが出来ませんでしたが・・・何か?


今回の旅では、この後、あちこちの美術館巡りをするも・・・、子供天使は実はあのままあの姿をしたチッチャイおっさんで、マリアさまは高飛車なお姫様で、女神様は笑顔で剣を振りかざし、兵士を踏みつけにしその首をちょん切る!

そんなヨコシマなと言うか、絵や彫刻を素直な目線で見ることが出来ず、車や列車で移動途中のアクシデントやストライキに見舞われ、街の老朽化やゴミ汚染が目に付き、普段の旅に無い迷い道などなど、ネガティブな所ばかりが印象に残った。

この後ACミランのサッカーゲームを見に行くんだけど、まさかまさかのベッカムの大怪我!!

ネガティブな印象を私に見せたのは、何を気付かせようとしてるのか、この時点では気付くはずも無く、とにかく、そのアクシデントをコナシテ無事ホテルに辿りつけ1日が終えることに感謝するしかなかったノダ・・・ (-人-)


そして・・・、私たち4人は、この後すべての事がスムーズにこなせ、この大聖堂を思い出すと、今も心安らげるのよねぇ~・・・。


  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE